2018/12/21 16:47

こんにちは。だいふくです!

皆さん、元気ですか?

今日は、「コルク」についてちょっと話したいと思います✰

弊社では和ぞうりや和下駄に使っていますが、実は、コルクは長い歴史を持っているのです!


古代ギリシャ・ローマ時代でコルク製の道具(漁網の浮き・甕の蓋・履物)がつくらるようになり、コルクは一般的に使われていました。

16世紀、ワインの質を保つために、ボトルで少量に分けて保管する考えが現れました。ボトル栓の材料として、密封性、耐水性が高くて、柔らかさもあり、弾力性に優れいて、丈夫な質のものを使うことは不可欠でした。

こういうことで、コルクがワイン栓として使われるようになったと言われています。

現在、コルクは建築用の断熱材、卓球、テニス、バトミントンのグリップにも使われているそうです!

コルクは軽くて、断熱性があるので、履物に使われると歩きやすくて、夏には涼しく、冬には温かい物になります。

弊社では、コルクの特徴を重視しながら商品の製作を進めています。


これからもよろしくお願いします~✰